0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

お茶道具全般買取致します

花入の買取実績

花入
祖母が集めていた古道具や茶道具から唐物牡丹籠(和田鱗司)
田村耕一
骨董野草文花入田村耕一

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

茶道具を知る~ 花入(はないれ)~


置くか掛けるかさげるか、使い方は主に3通り

花入とは字のとおり、花を入れておく器の総称です。 花入は茶室の床の間に、掛軸香合と一緒に飾るのが基本的な使い方です。 ただし、花入の形状により、そのまま床や畳の上に置いたり、あるいは「敷板」と呼ばれる板を敷いてから置く場合もあります。 特に籐製の花入の場合には、壁もしくは床柱などに掛ける場合も多く、詳しい位置は茶道の流派や茶室の構造などにより、色々と細かなルールがあります。 中には天井や鴨居などに補助具をつけ、吊り下げて使う場合もあります。

素材は主に3種類

素材は主に3種類で、金属製、焼き物、竹や籐といった天然素材に分かれます。
■金属製
金属製の場合には、薬缶建水と同じく、銅に錫などの金属を混ぜた唐銅(からかね)製が多く見られます。
■陶磁器製
陶磁器製に関しては他の茶道具と同じように、窯元の個性により多種多様な品が存在します。 ただやはり、中国由来の唐物風の作品に人気が集まっており、青磁、五彩などの作品が多く見られます。
※唐物:中国製の陶磁器。
※青花:白磁のベースに、藍色で絵付けを施した技法で作られる陶磁器の総称
※五彩:白磁や青磁と違い、文様や絵柄が色鮮やかに描かれた陶磁器の総称
■自然素材
割いて薄くした竹や籐などを編んだ籠タイプのものが多く見られますが、瓢箪(ひょうたん)から作られた花入などもあります。

素材によって“位”が決まる

他の茶道具と同じように花入も位があり、先に紹介した素材によって決まります。
■真(最上位の位)
古銅製、青磁、染付(青花)など。
■行(真ん中の位)
釉薬がぬられた焼き物など。
■草(一番下の位)
素焼きの焼き物や、木・竹といった自然由来の素材で作られたもの

取っ手の細工に注目

花入の形は先に紹介したように、置いて使うのか、それとも壁に掛けて使うのか、あるいは天井や壁から吊って使うのかで、大きく変わってきます。 ただ、掛けるタイプは重さの問題もあるのでしょう。竹や籐といった自然由来の素材で作られた品が多く見られます。 一方、置いて使うタイプでは、金属製や陶磁器製のどっしりとした品が多くあります。 置いて使うタイプは、いわゆる私たちがイメージする“花瓶”に近いものだと思ってください。 そのため形もさまざまです。 鶴のような細い首をしたタイプは「鶴首形」と分類されていますし、桶を模した陶磁器製の作品も見られます。 中でも取手がついている作品の場合には、その取手を“耳”と呼び、その耳に凝った細工を施している作品が多数見られます。 骨董品コレクターにとっては、たまらないデザインだと思いますよ。 耳のデザインは、動物や架空の生き物の姿を模したものが多く見られます。
■耳の種類
龍耳、象耳、筒耳、鯉耳、鬼面耳、獅子耳など。

釜師や篭師が製作

建水や水注と同じように、素材が多岐にわたりますので、当然、作家や銘の数もかなりあります。 ただ、やはり茶道具に強い家元や窯元の銘が多く見られ、たとえば銅製であれば釜師などの名前が。 陶磁器製でも同じことがいえます。 また、あまり銘が入っていないといわれる籠タイプの作品ですが、京都の作家で竹などを素材に、唐物風の作品を得意とする和田鱗司はかなり有名。 なお、同家元の現在の当主は三代目にあたります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る