0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

日本画・洋画全般買取致します

日本画・洋画の買取は浪漫ドロップにお任せください。
油彩画(油絵)、水彩画、デッサン画、アクリル画、鉛筆画、イラスト、リトグラフはもちろん、小磯良平や草間彌生、竹久夢ニ、東郷青児、田崎広助、東山魁夷、平山郁夫、中原淳一などの作家作品も高価買取中です。また作家不明の物や故人のコレクションなども大歓迎です。

買取品目

日本画・洋画の買取実績

日本画・洋画
【茨城県守谷市】鶴田一郎シルクスクリーン「燃ゆる想い/青...

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

日本画・洋画を知る

日本画家の絵ならなんでも

 絵画や美術に詳しい人であればご存知かと思いますが、そもそも洋画と日本画の区別や違いというのは、“曖昧”というのが一般的な解釈です。日本画というのは日本に古くから伝わる伝統絵画を指し、漢画(中国風の絵画)や大和絵、浮世絵などが該当します。しかし、鎖国が終わり明治の頃になると、油絵や水彩画といったいわゆる西洋美術の手法が海外から多く伝わり、日本の芸術家の中にも、同技法を用いて描いた絵が出回わるようになります。そのため、いわゆる従来の日本画と区別するために、洋画という言葉が使われるになったといわれています。ですから当然、日本画も洋画もどちらも日本人が書いた絵画であり、区別するとすれば、ピカソやゴーギャンなど海外の画家が描いた絵ではない、ということになります。
 もう1つ、富士山や着物姿の日本人、あるいは山水花鳥といった題材を、墨や岩絵具で絹布や和紙などに描いた作品が、いわゆる日本画として解釈され、画家としては横山大観などが有名です。一方、西洋らしいキャンバスに油絵を使って描かれた、人物や静物が洋画であり、黒田清輝や高塚省吾などが有名。岡本太郎のような現代風のタッチを描く画家も、洋画家に含まれます。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る