0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

着物・帯留買取致します

着物・帯留・古布の買取は浪漫ドロップにお任せください。
江戸縮緬や錦紗、大島紬、結城紬、木綿の書生絣、蚊絣、雪絣はもちろん、明治時代の型染布団皮や筒書の古布、木綿の前掛けなども高価買取中です。また帯留や櫛、簪(かんざし)、笄(こうがい)などの和装小物も大歓迎です。

買取品目

着物・帯留の買取実績

縮緬(ちりめん)
【東京都北区/蔵解体】アンティーク着物
アンティーク着物
【茨城県水戸市/家屋解体】アンティーク着物
着物・帯留
祖母の家で見つけた簪(かんざし)7点
刺子
骨董江戸時代の火消し刺子半纏
金紗
古い色鮮やかな絹織物・着物

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

着物・帯留を知る

無形文化財から庶民着まで幅広い品が

 一時期は着る人がめっきり減った感のある着物ですが、ここ最近はお洒落に敏感な女性などを中心に、人気が復活。これには、気軽に着ることのできる綿(浴衣のようなもの)やポリエステル製の着物の普及といった背景もあるようです。ただ、本来着物というのは、蚕の繭から取り出した糸をより、丈夫に仕上げた“紬(つむぎ)”と呼ばれる絹織物から作られる衣服の総称。そのため現行品も含め、アンティークでも人気があるブランドは、泥染めに手織りが特長の大島紬や、ユネスコ無形文化遺産ならびに国の重要無形文化財でもある結城紬など。ただ、古い時代の一般着や、東北人の知恵から生まれた刺子なども人気があり、特に江戸時代に大流行した刺子半纏などは、高値で取り引きされています。
 また、明治~昭和初期頃の縮緬(ちりめん)金紗は艶やかな物ほど価値があります。木綿の絣や藍染の前掛けも忘れてはいけない存在です。
 さらに着物の装いを輝かせる簪などの髪飾りや帯留なども人気があります。帯留は多種多様な素材やデザインが見られるのも特長。珊瑚翡翠(ひすい)、瑪瑙(めのう)、琥珀(こはく)、象牙、鼈甲(べっこう)、蒔絵、螺鈿(らでん)、貝、カメオ、水晶、ダイヤモンド・真珠などの宝石類、金・銀・プラチナ、七宝、木彫、陶器、ガラス、トンボ玉、セルロイド等々あり、いわゆる骨董品としての付加価値があります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る